2005年12月30日

対RL対策

今日もまた1on1三昧の日になった。三昧と言ってもプレイ時間は少ないけれど。

実はサブキャラで某クランに世話になっている。−口だけKS-を脱退してから、

集団戦等のスキルを鈍らせない為に#TDMに参加しているが、やはりTownだけでなく

ステージ毎の攻略も醍醐味の1つだ。なので#TDMだけでなく何処かcwを頻繁に出来て尚且つ

-口だけKS-の時の様に勝ちに拘るのでは無く、cwを楽しむという趣旨のclanが都合が良い。

また、KSも一通り自由自在に使える様になったので、KSを如何に使うか、相手の

装備毎の対策等もして行かなければならない。

今日、サブキャラで加入している某クランのあるプレイヤーと1on1をした。

そのプレイヤーの装備はSG/RL。2SG,SG/RVの次に多いと思われる装備構成だが、

過去装備構成等は全く気にせず戦っていたので、装備の特徴を捉えて考えて見ると、

自動的に有利な戦い方が出来る。

まず自分もSG/RLで戦って見た。SGは普段と変わりない位置取りで撃てば特に何等変わりない。

問題のRL、相手に直撃で当てるのでは無く、相手の足元の地面を狙うのがオーソドックスな

狙い方だ。実際にやって見て気が付いた。まず当然ながら他の武器と違って弾速が遅いので

相手の動きを読まなければならないと言う事。爆風があるので、案外当たると思っていたが

甘かった。RVやSGは直線に飛ぶので地上戦では照準の高さは保ったまま、

左右で照準を相手に合わせる。即ちRL以外の武器では標準、いや照準は

左右だけの動きがメインだ。RLを使っていた経歴は自分にはないので、左右のAiming

しか慣れていなかった。所がRLは相手の足元を狙わなくてはならないので、

左右では無く上下、即ち自分と相手との距離も正確に把握しなければならないと言う事。

爆風があるので、左右の動きだけでは簡単に捕まる。RL相手には左右のSS,HSでは無く

上下左右に移動しつつダメージを与えるのが有効だ

こんな単純な事は存じているプレイヤーも多いと思うが自分では初めての試みであり、

それを意識してからSG/RL装備のそのプレイヤーへの勝率は格段に上がった。

これだけでは対策とは言えないかもしれないがRL対策は今日はここまでにした。





posted by PAMELA at 23:35| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。