2006年01月04日

1on1

#TDMには全く参加していない。#TDMで良い成績が出る時は大抵仲間が残っている時に

サイドバックに回り込んで倒すと言う手段を使っているからだ。

漁夫とは少し違って来るかもしれないが、相手が別のプレイヤーを狙っている所を

視界外から近距離で撃ち落しているので、している事は漁夫と何等変わりない。

それで良い成績が残っているからメンバーランクではAの称号を付けて貰っているが

自分でもこんな戦術だけで成績を稼いでも不満が残る

その上自分が一人残った時、1on1や1vs多人数の状況になると己の戦力の無さには失望する

ぶっちゃけて言えば陰でこそこそ撃ってばっかりでいざ正面衝突した時、戦力外になる

DMでも3kill1deathペースで稼げるのは前記と同じ戦法だからである

やはり集団戦と1onは違うと言う人もいるが

若干立ち回りは違うだけで集団戦と1onの両方のスキルを備えたプレイヤーの方が強いのは

当然。何故なら集団戦の中でも1on1の様な状況になる事は意外と多い。

そこで追われているから仲間の所に逃げるのでは無く、深追いして殺すには

至らなくてもダメージソースをそこで稼いで置けば後々必ず有利になる

そういう意味も含め今は1on1のスキルを磨く為に1on1メインだ

根本的なAimの向上の為2RV,HIT音に頼らず目視で判断出来る様にHIT音を消す等

デメリットな条件を幾つか付けている。最終的にHIT音はアテにならない。

バグかは分からないが明らかに弾痕が残らず敵にヒットしたエフェクトが出ていても

音はならない。しかし右上に出るHITは素直だ

右上にもHITが出ずに倒す事が出来たのであればそれはラグで相手が実質上違う所にいた所に

上手く当たった時だろう

なので相手に当たった時のエフェクトと右上のHIT表示を頼りにした方が、相手に何発当たった

か、大よその相手プレイヤーのHP残量も正確である

また、最近耳打ちで1on1をしませんかと、頻繁に色んなプレイヤーから声が掛かってくる

これから練習して行く上で相手方にも自分との試合を糧に何処を克服すれば良いか

理解してくれれば意義のある勝負になるだろうし、

声を掛けてくれたプレイヤーから学ぶ事もあるだろう

自分で良ければ気軽に声さけ掛けてくれれば幾らでも相手するつもり

1on1が強くなりたいんじゃなくてそれを活かしてまた強くなって#TDMに参加したいと

思ってる
posted by PAMELA at 15:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。