2006年01月05日

RV交互撃ち/クランの誘い

片手RV2丁で知人と1on1をして見る事にした。明らかにお遊びの様な装備だが、2丁と違い

格段に集弾率は高いので中遠距離では意外と良いスコアを出す事が出来た。しかし

所詮はお遊びの装備。2丁には比べるまでも無く弱武器だ

それは置いといて本題

2RVの交互撃ちの最速を試みた人はいるだろうか。今日実際に挑戦して見ると限界の速度は

恐ろしい程速かった。あくまでも体感であるが軽くHGレベルの速度は出ている

+交互撃ちは片方で発砲するよりも集弾率は非常に良くなるので上手に使えば

RVの集弾率の悪さを克服出来るテクニックになるかもしれない。いや、必ずなる

問題はHS(HHS),SS等の交互撃ちは2SGの時からやっているので然程問題はないが、

地上の静止状態での狙撃はSGに比べ交互撃ちの速度が格段に速いので

メイン武器とサブ武器のキーを一定のタイミングで交互に入力しつつ照準を相手に

合わせる、と器用に指を使わなければならない

しかしKSをマスターするに比べればこれしきのテクニック等すぐに習得出来る筈。

身近に有効なテクニックを見つけたのでチャレンジして見る甲斐はありそうだ。

しかし言えば只の交互撃ちなのでご存知の人が多いかもしれない。

だけど交合撃ちによって集弾率が著しく向上する事は知らなかった人は居るのではないか?

それはさておき、気になるのは最先端のリプレイである

2RVのプレイヤーも結構居るので最先端のKoreanPlayerは2RVをどのように扱うのか。

SlamDunkクランの2RVプレイヤーを見ると見事に相手を最速交互撃ちで撃ち落としている

これはやはり慣れの領域だろうな。交互撃ちを当然の様に使い続けている

しかも非常に速いので、相手のダンブリング中や直線状になった時、

等微妙な隙があれば少なくとも2〜3発は入ってる

しかしさすが韓国、2SGも2RVを正面で相手する時には壁を伝ってフラッシュステップで翻弄し

つつ距離を一気に詰める。2SGvs2SGの様に近距離で大ダメージは無いので

むしろ近距離の方が安全圏なのだろう

2RVはHSやHHSの一連の動作に静止交互撃ちや、相手が通常ダッシュを出した時やBSで直線で

向かったと言う動作を取れば確実に2発は入れてる

2RV,2SGどちらも参考になるリプレイを見る事が出来てよかった。


話は変わってクランの誘い

最近耳打ちでクランに入る気は無いか、と声を掛けてくれるプレイヤーがかなり増えたが

複数の某プレイヤーとをメインでGunzをしているので、クラン加入の意思は無い

クランの趣旨問わずだ。声を掛けてくれるのは凄く嬉しい。しかし加入する気は無いので

断らなければならないが断る度に残念ですと言われるのは結構こたえる

自分はClanWarを楽しむのではなく必死に勝ちに行くクランの方が、一試合一試合に気合が入る

しモチベーションが続くと思う。試合に対してではなくGunzと言うゲーム全てに対して。

しかし今はある意味色々な課題がある上に実力もClanWarで活躍するには全然及ばないので

ある程度納得する形になってから入隊は考えてる

勿論クランの名声は結構気にするのでどの面子で出ても同じ結果が出せる様なクランを

意地でも探すつもりだけども。
posted by PAMELA at 23:57| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。