2006年02月12日

足音

Gunzをする前からFPS,TPSをプレイしていた人ならヘッドホンを使用していると

思うけれど、Gunzが初めのTPSだ、と言う人はスピーカーでやってる人もいる筈

アクション性が高く、一見派手に動き回って暴れているイメージになりがちの

ゲームだけれど、今ではKSが出来て中級、上級ともなると

只KSをするのでは無くKSを使った立ち回り、位置取り、状況把握等が必要だ

立ち回り、位置取りは沢山触れて来たが状況把握については今回が初めて。

状況把握とは言っても具体的な物は無く、大雑把に言うと今の状況を分かっているか

否かに尽きる。そこで最も重要なのが敵の位置。目視で相手が逃げて行くのを

確認すればそこから読みや勘で先回りする事も可能だが、悪魔でも予測なのであって

毎回思い通りになる訳では無い。目視の状態でなければ

いけない。そこで足音が重要になってくる。

スピーカーでも足音は一応聞こえるが、ヘッドホンは

音の聞こえてくる方角も分かる。

音の大きさによって相手との距離感も大凡掴む事が出来るので慣れれば慣れる程

有利にゲームを運ぶ事が出来る。足音だけで無く

細かなダッシュ音、壁を斬る音一つで相手の大凡の位置を把握する事も可能だ

更に、ステージ毎の特徴のある音が出るポイントを覚えて置く事も重要。

例えばマンションの地下の樽の音。樽の音が聞こえれば間違いなく相手は地下だ

回復もそう、相手が回復を取った音がすれば、大抵回復は同じタイミングに取る故に

別の位置の回復も沸いていると言う事を示してくれる。

などなど、これだけでもヘッドホンの恩赦は大きいと言う事が分かるだろう

となると、逆に自分は何処でも足音を出せば言い訳では無い。

いくら耳を澄ましても何の音もしないと言う事は大抵静止状態だと言う事

そういう時は自分もタンブリングで足音を消して自分の位置を相手に読まれない様に

移動する事が肝心。

結論的に何が言いたいかと言うと、足音に気を使った立ち回りがかなり

重要だと言う事。読み、予測で無く的確な状況を把握しようとすると足音を

聞き取るのは必要不可欠なテクである事だ

極めれば足音で正面が相手2人、裏から相手1人、等人数までも分かる。

相当練習したけれど。
posted by PAMELA at 01:14| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。