2005年12月29日

1on1/照準の持って行き方

朝はプレイヤー人数が少ないので1on1部屋によく行く。

CWや#TDMで見なくても、まだまだ強い人はいるんだなと痛感する

ただ、強いではなく何処が劣っているか、何処を克服すれば良いか

なるべく眼を凝らせて探っているんだけど簡単に分かる物じゃない

何時の日か強いプレイヤーはBSを殆ど使わないと言っていたと思う

言えば中距離を維持して銃撃をメインで戦うのが一番効率良くダメージソースを稼げる

からだ。ただし、それは集団戦での話であって1on1なら話は別。

範囲は限定こそされていないが一応時計回り付近が主な戦闘場所だ

この狭い範囲では近距離戦を避ける事は殆ど無理だろう

従って近距離戦のメインとなる武器はBS.

1on1部屋の常連なのか、1on1部屋に居る人達はAimingこそ人それぞれだが

決まってBSの使い方は上手な人が滅法多い

具体的にBSはダメージソースを稼ぐ物ではなく相手の動きを止めて

そこで間髪で大ダメージを与えるSGとかを挟むのが主な使い方

さらに斬る時も判定の方向が決まっていて自分のキャラクターが半透明になる位に

下を向いていれば判定は真っ直ぐではなく別の方向になる

マッシブも共通。確か判定は上になるのかな。そこはあまり知らない

その下を向いてBSをする事を別名でmothflyと呼ぶらしいが、それの最大のメリットは

相手にガードされたら相手にマッシブこそ溜まるが自分は弾かれない事

つまり近距離戦になれば隙を見てmothflyで相手にマッシブをわざと溜めさせる

マッシブが溜まっている間は開放すれば隙が出る為開放出来ない

つまり数秒だけSS,HS,HHS,BS全て不可能になる。そこを見逃さない

その対策はスウィッチを早くすれば強制的にマッシブを消す事は出来るけど

相手のmothflyに素早く反応してスウィッチしなければならない

デスマッチやTDMをメインでやっていたが1on1特有のテクニックも多く

そこの常連者から学ぶ事も多いと思った

1on1部屋も通って見る事にする


話は変わって良い腕を持っている人との勝負は大抵リプレイを取る様にしている

位置取りもそうだが一番気にしているのは照準を如何にして持って行っているか。

以前東京SolanaxのblogにBlackSheep vs 7743の対戦リプレイが残されていた。

RV2丁、SG2丁の双方30Rのタウン戦。

RVは礼なしの言えば実戦形式の1on1

SGは元来のタイマンルールの礼開始スタートの1on1

興味があったのはRV対戦。

BlackSheep氏と7743氏の標準の持って行き方は眼に見えて対照的だった

BlackSheep氏は相手の移動に沿って照準を合わせる

対して7743氏はHSの移動を活かして照準を固定しながら相手と交差した時発砲する形

停止状態の時は相手のHSの終止地点に固定して戻ってきた所に発砲と言う方法だった

両者の過去の経歴は分からないけれど、BlackSheep氏は照準の持って行き方が

他FPS,TPS経験者ではないかと思わせる持って行き方。常に相手に標準を合わせたりするのは

CSもそうだがどちらかと言うとUnrealTournamentやQ関係のFPSで培ったテクに見える

7743はHSやSS等のGunz特有のKSを活かした戦法なので、他FPSは関係なくGunzならではの

照準の持って行き方だった

殆どのプレイヤーが7743と同じタイプでは無いだろうか

相手に標準を常に合わせると言うのは容易では無い筈

しかし、BlackSheep氏の標準の持って行き方は憧れる

自分もRVで戦えればな、とあのリプレイを見てからふと考えた



【関連する記事】
posted by PAMELA at 11:15| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>1on1/標準の持って行き方
だから、標準じゃなくて照準だって
コメント消さないでください><
Posted by うはwww匿名希望wwwwおk?wwwww2 at 2005年12月29日 17:24
モスフライ初めて聞きました。
使ってみたら酔った。
Posted by 名無しの英語 at 2005年12月29日 18:51
コメントとは前のblogの事を指すのかな?
標準…照準…。
修正して置きます

>mothfly.それで相手を軸に円を描けば上手く行けばroop出来ますよ。10コンボくらい?
Posted by PAMELA at 2005年12月29日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。