2006年01月23日

>Yukishiro/背景、バックサウンド変更

タイトルを見て不思議に思うかもしれない。只、今日はGunzにinする事が出来ない為、

深く色々考える時間が出来た。そこでYukishiro氏のコメント、「HSとHHS」

これを如何に使い分けるかと言う質問があった。このblogの趣旨は自分でこのブログを見直し

た時、自分で楽しめれば良いと思って書いているし、さらに言うなら現段階の論理を残して行

く事によって自分の論理が成長に伴って変わっている事や、昔の古い論理から新しい発見があ

る事もあるかと思っているから。しかしまぁ、先程も書いた様に自分が楽しめれば良いと言う

趣旨なので、他プレイヤーに公開する気は毛頭無かったんだけれども、誰かが広めたのか、

今では、1000人近いアクセス数がある故に、あまり他プレイヤーに対する率直な意見を書く事

も出来ないし、言葉を選んで書かなければならない。

ま、話を戻して。特別にYukishiro氏と面識があるからと言う訳で無く、あまりにも単純な

HSとHHSの使い分け、いやむしろどちらが良いのかと言うシンプルな質問に深く考えた事が無い

ので暇さ故に少し考えてみた

言うまでも無くコマンドは省く。

HSのメリットは切り返しのタイミングをかなり大幅に変える事が出来るので、

敵にリズムを掴ませない様に錯乱するのに適しているのだと思う

敵にリズムを掴ませない、と言うのは、このスピーディーなゲームに目視で

照準を持って行く事は難しい、なので自然に経験で読みで照準を持って行く事もある筈

自分の体験談でも、一定のタイミングでHSを連打してくる相手には、2発目からは

9割全段ヒットさせる事が出来る。例えRVでも、だ。自信過剰なんかでは無く、

同じ所で同じ行動を同じ速度で行っている訳だから、2回目からは切り返し部分を

アバウトででも覚えれば、少しずつ修正を加えながら打てば良い訳だ

同じタイミングでHSをする人なんていないんじゃないのか、と思うけれど

Aimingに集中しようとするとどうしても一定になる癖がある。

殆どのプレイヤーがそう、自分もなってしまう。

だからそう言う所は見逃さない所と、出来るだけ意識して一定にはならない事を

頭に入れて動けば良いと思う。ではHHSではどの様なメリットがあるのか

一時、公式リプレイにKS説明と共にHHSの解説をしていたのを見たことがあるが、

HSに比べ狙われ辛いと言う事を記述した記事を見た事がある。

ー否。中遠距離ではHSと全く見分けが付かない。その上HSと違いリズムを変更出来ないので

一定になりがちになる。即ち連続でHHSを使用するのはあまり良くない

ではHHSのメリットとは何か。自分もあまり考えた事が無いので分からないけれど

1つ言えるのは、キャンセルが出来ると言う事。HHS + ダンブリング上下左右ショット

HHS + FS HS BS ***各種KS等緩急をつける事が出来るのでフェイントに使えるんじゃないかな

っと。実際Koreanのrepでもhhsで何かに連携している所も見た事あるけれど、

今の自分にはフェイント所か人に当てるのに四苦八苦してるので次のステップだと考えて

ます。なのでとりあえず言える事は動きに緩急つけるだけでも被弾率は減るんじゃないかな、

と言う事です

背景はいたってシンプルな葉っぱのフレディ。

バックサウンドは一時ヴぉ氏のhpでも流れていたfelysのlong-remex.





【関連する記事】
posted by PAMELA at 22:26| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長々と書いていただいてすいません。参考になります。
私はHSの切り替えしテンポを変えるといった器用な事は未だ使った事がありませんが、被弾率が上がってきたのに悩んでいました。
立ち回りもあるのかもしれませんが。一定の場所を往復するようにHSをしていたのも大きな原因だったのかもしれません。

CWでインドと当たった時は宜しくお願いします。
Posted by Yukisihro at 2006年01月24日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。