2006年01月30日

ClanWar

此処最近、CW漬けだ。平日はプレイ時間が少ないので如何してもCWする時間しか作れない

不安なのは1on1。集団戦の時と1onとは全然動きの類が違うから、CWばかりだと

1on1をした際、攻撃重視の癖が付いていて回避を怠ってしまう。

相手の裏へ裏へ回ってQSのループ見たいな動きをしているから、1on1になっても

QSを多用し過ぎる傾向だ。例えCWメインでも1on1のスキルが全く要らない訳では無い

当然1on1の状況になる時はあるし、やはり集団戦、1on1の双方の練習を併用して

行かなければならない。指慣らしに30R位1on1した後CWに出て行こうかなと。


クランの趣旨について。何だかんだ言葉を並べても、単刀直入に言うと

LoveYouの少数精鋭クランになっただけだ。

父さん kudkun PAMELA 莉奈 ニートたけし Xtal ForbiddenXP lovely

基本的にこの固定面子で2月から本格的に活動する予定だが、

後に紫葬が入る予定もある

それはさて置きクラン戦メインと言う趣旨のクランは初めてでは無い。

-口だけKS-に所属していた時も面子こそ違うが趣旨は全く同じだ

-口だけKS-の歴史を辿ると、

ClubMametitaクランから、クラン戦メインの少数精鋭チームtoyboxを再結成

そしてもげら軍団と合併し、toybox+もげら軍団=引退しろ

引退しろからの少数精鋭チームが口だけKSになった。

モチベーションの持続の最大の源は戦績だ。

口だけKSの時は勝率93%持続に励み、結果的に1000勝63敗の戦績を築く事が出来た。

これが今回のクランの具体的な目標になると思う。

LoveYouの時は皆ごり押しの2SGスタイルであったが、今回の新クランでは

何処のステージでも安定して勝率を稼ぐ事が出来る事に重点を置いているので、

各プレイヤー、役割分担を決めて試合に臨んでいる。

まだまだ所詮模倣の後衛だが、序所に馴染んで行こうと思う。

遠距離から近距離、オールマイティーに戦えるプレイヤーが居れば

面子の組み合わせに悩む事は無いし、皆役割のバリエーションを豊富にして行けば

結果的に試合に臨む際の引き出しも増えるだろう

現在の戦績122勝7敗、現状95%を維持しているが、実に不安定な試合が多い。

今日も0-3の状況から作戦を変更してぎりぎりで勝利をする、と言うケースの試合が

5つ近くあった。実質負けている様な試合も多い。3-3、2-3等拮抗した試合になると、

皆モチベーションが上がり覚醒した動きを見せるのだが、毎回そうは行かない。

何よりチートクランの名前を出来るだけ頭に叩き込んで

無駄な敗北がつかない様に避けて行く事も大切だ。

さて、俺はとりあえず1on1の立ち回りと集団の立ち回り、双方使いこなせる様になりたい

なぜならば2:2で出ていると1on1の状況になる時はしょっちゅうだ。そこで確実に勝つ

事が出来ないと厳しい。

【関連する記事】
posted by PAMELA at 00:02| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。