2006年02月02日

回復について/近距離戦の対処

そもそも、根本的に勘違いしていた見たいだ。HP有限なのだから、瀕死になるまで

攻撃を続けるのでは無く、回復が出来る間に少しずつ回復してHPに余裕を保って

戦えば良い。単純過ぎる…

しかしこれでスランプ脱出…と言うよりスランプじゃ無かったのかも

菅野美穂氏感謝

最近BSの頻度がかなり減ってきた。近距離でも射撃でダメージを削る感じに。

それは良い事なのか悪い事なのか分からないが、此処一発での攻撃力は格段に

上がった気がする。それは強者クランと当たった時ほど感じられる機会が多い。

BSで相手を崩してSGを挟むスタイルは多いが、強者との近距離戦になると

BSで引っ掛ける事の出来る確立は滅法低く、ネガティブな要素が案外多い。

なので此処ぞと言う時に確実にダメージソースを稼ぐには近距離でショットした方が

確実だ。けれどその1発を外した時の代償は大きい。2発目も被弾してくれる事は

先ず有り得ないので、しっかりと照準を合わせないと駄目。

となるとBSよりも射撃の方が有利な点が多すぎる様に聞こえるが、

先程述べた様に此処一発で当てられる確実なaimが要る事と、

何より静止しているのだから被弾率も飛躍的に向上してしまう

プラスマイナスゼロの様な気もするが、成功すればbsで引っ掛けるよりも

確実なので、此方の方を試みている訳だけど、何せ当たる時と当たらない時

5:5くらいで、実に微妙だ。そこは慣れの領域かな。回数をこなして行こう

勿論近距離戦と言っても、相手のbsが届く距離で無くダッシュ1回分くらい後ろの

中距離での話。それと無駄にfs使う癖があるけれどまぁ使ったからと言って不利に

なる事は無いし、直さなくても良いかなって思ってる。

これくらいかな

【関連する記事】
posted by PAMELA at 00:00| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやん私の名前が出てるわん(〃∇〃)ゞ
Posted by 菅野美穂 at 2006年02月03日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。